Organic Booster -Kerberos-

Organic Sounds


レギュラー価格 ¥29,000
Organic Booster -Kerberos-
Organic Booster -Kerberos-
Organic Booster -Kerberos-
Organic Booster -Kerberos-
Organic Booster -Kerberos-
Organic Booster -Kerberos-
Organic Booster -Kerberos-

 ※10月24日(土) 再入荷いたしました。

→完売いたしました。また次回の入荷をお楽しみにお待ちくださいませ。

Organic Driveに続く新たなシリーズ、Organic Boosterの初作がこの“Kerberos”です。ただし、Boosterと銘打ってはいますが、このKerberosはクリーンブースターやバッファーの類の様に音量を上げる、音質を調整するエフェクターでは決してありません。

その回路はFETとトランジスタを使用した増幅と、ゲルマニウムダイオードによるクリッピングを使用した、あくまでもドライブペダルの種です。歪みの質感はオーバードライブともファズとも、そしてやはりディストーションとも言い難く、それぞれすべての要素がひとつに溶け込んでいるような歪み方です。歪みの質としてはディストーションのように粗めですが、あくまでも自然であるため、オーバードライブのような感覚で弾くことができます。そこにファズのような太さがあるのです。

そして何より特徴的なのは、ただひとつのノブが3段階のロータリースイッチである点です。内部にトリマーやミニスイッチはありません。つまり、このKerberosに託された音色はたった3つのみです。

 

このノブでは音量、歪み量、太さを同時にコントロールできます。最も左側のポジンションから右側に向かって順に歪み量と音量が上がり、それと共に低域の太さも加味されます。ONにした際の音量は最小値でも原音よりアンプのボリュームノブ 1〜2目盛り分ほど大きくなるため、まず音に張りを与えます。そこからロータリースイッチを右側に回すごとに音量、歪み量、低域の量感が増え、最大値では一般的なオーバードライブと比べてかなり大きな歪み量となりますが、音量としてはアンプのインプットを程よく突くほどの良い塩梅に抑えられています。

 

 

内部はやはりOrganic Soundsらしく、ヴィンテージパーツが回路の要所に使われています。クリッピング用と思わしき2石のゲルマニウムダイオードには、それぞれで異なる種類が使われており、その点にもただならぬ拘りを感じます。ヴィンテージパーツを要所に使っているということもあり、基本的な音色は現代的なものと対極にある、太く柔らかい音色です。

このエフェクターが具える音色のバリエーションはたった3つですが、ギター側のボリュームに対する音色の追従性が非常に高く、使用するアンプの特性や歪みとそれらを併せれば作り出せる音色は無限大です。

ただエフェクトをOn / Off するのではなく、ギターやアンプなどの他の機材、そしてプレイヤーの手腕によって音色を変化させるタイプのエフェクターです。音量や音質をブーストするのではなく、プレイヤーをブーストする、それがOrganic Boosterシリーズの真意です。

 

006P電池及び、9VDCのパワーサプライ、アダプターなどの外部電源に対応します。

なお、トゥルーバイパス仕様であるため、エフェクトのOff時には他の機材に影響を与えません。

関連する商品