TS-808 TUBE SCREAMER 【VINTAGE】

Ibanez


レギュラー価格 ¥130,000
TS-808 TUBE SCREAMER 【VINTAGE】
TS-808 TUBE SCREAMER 【VINTAGE】
TS-808 TUBE SCREAMER 【VINTAGE】
TS-808 TUBE SCREAMER 【VINTAGE】
TS-808 TUBE SCREAMER 【VINTAGE】
TS-808 TUBE SCREAMER 【VINTAGE】
TS-808 TUBE SCREAMER 【VINTAGE】
TS-808 TUBE SCREAMER 【VINTAGE】
TS-808 TUBE SCREAMER 【VINTAGE】
TS-808 TUBE SCREAMER 【VINTAGE】
TS-808 TUBE SCREAMER 【VINTAGE】
TS-808 TUBE SCREAMER 【VINTAGE】
TS-808 TUBE SCREAMER 【VINTAGE】
TS-808 TUBE SCREAMER 【VINTAGE】
TS-808 TUBE SCREAMER 【VINTAGE】

 1980年後半の生産ロットで作られた、数ある中でも特に希少な仕様のTS-808。CULT TS808 #1 Cloning mod.でクローンの元となった個体(通称 #1)に非常に近いロットで生産されたものです。

  1. ツマミの周りに目盛りがない
  2. TS808の中間にハイフンがある(TS808ではなく、TS-808
  3. Ibanezの右上に登録商標を示すRマークがある
  4. DCジャックがナットで筐体に止められている
  5. 基板のリビジョン表記が「DO-1201A

 以上の特徴はラージケース最初期の仕様ならではですが、オペアンプは中期の個体に見られるマレーシア工場で作られたTexas Instruments RC4558P、通称マレーシアンチップが搭載された、まさに美味しいとこ取りと言える過渡期の仕様です。

 スイッチング回路用のFETは2SK44や2SK30ではなく、Sony製の2SK121が採用されています。この点も先の #1 と同様です。

 オペアンプの周りにある2つの電解コンデンサーは同年式の個体に見られる水色のものではなく、濃紺色のものですが(水色、濃紺色、どちらもNichicon社製)、これは決して交換されているわけではなく、同ロットで作られた他の個体にも見られる仕様です。実際、この濃紺色のコンデンサーにも、1980年製を表すデイティングが印字されています。
 音色はヴィンテージTS然とした、耳に痛い成分のない、柔らかい音色です。しかし、そうでありながらも弦の音がハッキリとクリアに聞こえるというのは、現行品ではなかなか味わえない感覚でしょう。歪み方は荒めの個体ですが、ブルージィなプレイにはむしろ合うと思います。言うまでもなく、アンプや他の歪みエフェクターをプッシュするブースターとしてもオススメです。


製造年:1980年
希少性:6 / 10 (1年に1〜2回程度しか取引されない)
付属品:無
改造歴:無 / フルオリジナル
状態:製造年相応の状態。傷、使用感はあるが、動作良好。
動作保証:6ヵ月(代替パーツでの修理となる場合がございます)
備考:ヴィンテージのTS-808によくある状態ですが、電池スナップの配線が筐体の縁に挟まれ、変形しています。現状では問題ありません。

 

関連する商品