Aqua Marine Wonder Machine【USED】

BJFE


レギュラー価格 ¥95,000
Aqua Marine Wonder Machine【USED】
Aqua Marine Wonder Machine【USED】
Aqua Marine Wonder Machine【USED】
Aqua Marine Wonder Machine【USED】
Aqua Marine Wonder Machine【USED】
Aqua Marine Wonder Machine【USED】
Aqua Marine Wonder Machine【USED】
Aqua Marine Wonder Machine【USED】
Mad Professor Sky Blue Overdrive(以下、SBOD)の原型のひとつとなった、BJFEのオーバードライブの中でも隠れた傑作のひとつ。近年のオーダー品が出回りもしましたが、基本的にはワンオフや記念モデルに次いでレアなモデルであり、このCustom Shop名義のオリジナルモデルが海外のオークションに出品されれば10万円を下回ることはありませんでした。しかしいくらBJFEとは言え、ただ希少なモデルというだけでは10万円以上の価値は付きません。このAqua Marine Wonder Machine(以下、AMWM)は希少性が高いことに加えて、音色が独創的且つ、素晴らしいのです。

各ノブの効果はVolume、Driveに加え、“T”、“R”と名付けられた独特のトーンコントローラー。“T”はSBODと同じくTexture(もしくはTone、Treble)、“R”はおそらくResonanceの頭文字と思われますが、SBODで言うところのZコントローラーに当たります。TコントロールとRコントロールは互いに効果がわずかに重なっており、2つを相互作用させながら使用する必要がありますが、慣れてしまえばむしろ合理的に音作りができます。

先述のSBODの元になったという事実は、このAMWMの音色を良い表す上では、むしろあまり重要ではないかもしれません。このAMWMの特徴を総合的に言い表すとすれば、「ヴィンテージ・トランスペアレント系」という言葉が似合うと思います。もちろん、そんなジャンル、言葉は過去にありません。しかし、トランスペアレント系のオーバードライブの特徴はそのままにヴィンテージ風味を足したオーバードライブ、というような表現がしっくり来るような音色なのです。

トランスペアレント系のように解像度が高く、ダイナミクスの幅は広い。しかし出力されるレンジは小慣れており、決して現代的ではない。非常に不思議な質感であり、Wonder Machineのモデル名にも合点がいく音色です。歪み量の幅はかなり広く、Driveコントロールの最小値ではブースターのように澄み渡った音色となり、最大値ではオーバードライブの範疇ギリギリといった程度にまで歪みます。

非常に希少であり、価値の高いペダルですが、とても実用的で音楽的なオーバードライブ・ペダルです。販売するか否かをかなり迷いましたが、手元にもう1台別の個体があるため、販売に踏み切りました。そうでも無ければ手放さない逸品です。

細かな塗装の欠けに加え、裏面は大きな範囲で塗装が剥がれてしまっています。動作は良好です。

希少性:8 / 10(現在での流通量が皆無であり、多くても5年に1~3回程度しか取引されない)
付属品:無
改造歴:無
状態:全体的に細かな傷、塗装の剥がれがありますが、動作は良好です。
動作保証:6ヵ月(代替パーツでの修理となる場合がございます)
備考:

関連する商品