Folk Fuzz 3.5%【USED】

BJFE


レギュラー価格 ¥78,000
Folk Fuzz 3.5%【USED】
Folk Fuzz 3.5%【USED】
Folk Fuzz 3.5%【USED】
Folk Fuzz 3.5%【USED】
Folk Fuzz 3.5%【USED】
Folk Fuzz 3.5%【USED】
Folk Fuzz 3.5%【USED】
Folk Fuzz 3.5%【USED】
Folk Fuzz 3.5%【USED】
自作ッカー(自作愛好家)、ペダルビルダーに向けたDIYプロジェクトとしてBjorn Juhlが設計、回路図を公開して生まれたのがFolk Fuzzシリーズです。その回路図はスウェーデンのギター雑誌、その名も“FUZZ”にて公開され、海外のDIY系フォーラムに入り浸るギークたちなどに大いに歓迎されました。そのFolk FuzzをBjorn Juhl本人が自ら製作したのがこちらです。
Custom Shop名義にしては非常に珍しく、亜鉛ダイキャストケース(Custom Shop名義のBJFEはほぼ全てにアルミダイキャストが使用されています)で作られており、塗装も自らの手によって行われたものです。Folk Fuzzは他者と共に作られたモデルが多く、実はBjron Juhl自らが製作のすべてを完遂したFolk Fuzzは非常に希少です。
モデル名にある“3.5%”はビールのアルコール度数のことを表しているらしく、それがファズの力強さを意味しているそうです。このFolk Fuzzは一般的なビールと同じくらいの3.5%、それに対して同じくBJFEのラインナップ中にあるPink Purple Fuzzは5.0%、Candy Apple Fuzzはベルギーのトラピスト・ビールと同等の7.5%とのことです。つまり、このFolk Fuzz 3.5%はBJFEにあるファズペダルの中でも“ファズ度数”が低く、扱い易いということになります。
実際、ハイゲインに設定しても音の破綻がありません。安定し、洗練されたFuzz Faceを想起させる音色で、まるでオーバードライブの延長線上にあるような、自然でオーガニックな質感のまま、強く歪みます。同時にボリュームへの追従性、そしてボリュームを絞った際に現れるクリーンサウンドの質自体も素晴らしいのです。現在、CULTには5台のFolk Fuzzシリーズがありますが、この個体のクリーンサウンドは少しだけハイ上がりで、解りやすい心地良さがあります。
Toneコントロールは一般的なToneと同じく、シンプルなハイカット機能です。しかしその効きは深く、バリバリとしたファズらしい音色から、中域を強調したようなウーマントーンまで、幅広い音色を作り出します。
製作時からある塗装のムラなどはありますが、全体的に状態の良い個体です。

希少性:8 / 10(現在での流通量が皆無であり、多くても5年に1~3回程度しか取引されない)
付属品:箱
改造歴:無
状態:使用感が少なく、非常に良好です。
動作保証:6ヵ月(代替パーツでの修理となる場合がございます)
備考:

関連する商品