Rays Of Darkness

MONO


レギュラー価格 ¥2,000
Rays Of Darkness
Rays Of Darkness
Rays Of Darkness

1. Recoil, Ignite

2. Surrender

3. The Hand that Holds the Truth

4. The Last Rays

 

Credits:
MONO:
Takaakira 'Taka' Goto - Guitar
Tamaki - Bass
Yoda - Guitar
Yasunori Takada - Drums

Guests:
Tetsu Fukagawa (envy) - Voice
Jacob Valenzuela (Calexico) - Trumpets

Artwork:
Pat Perry

2014年10月24日発売


 “The Last Dawn”と対をなす作品。前作の“For My Parents”から大きく変わって、多人数編成のオーケストラを廃し、バンドの力強さを前面に打ち出した原点回帰を感じさせる作品。バンドの演奏のみで楽曲を作り上げるという点では初期作品と通じるものがありますが、より円熟した表現力による、しかし感情をむき出したような激しい演奏が収録されています。この鋭く磨き上げられたアンサンブルはMONOの新機軸となり、その後の作品へも通じています。

 ライブでの人気曲である“ Recoil, Ignite”で始まり、盟友とも言えるEnvyのボーカリスト、Tetsu Fukagawaのシャウトとともに激しい演奏を奏でる“ The Hand that Holds the Truth”を経て、おぞましいノイズだけで作られた“ The Last Rays”で幕を閉じます。

 様々な困難に襲われていた中で制作されたというこの作品。そうであるが故に、どの楽曲も怒りや悲しみの感情に満ちた、激しいものとなっています。

 個人的なお気に入りのトラックは Recoil, Ignite”、 “The Hand that Holds the Truth”など。
CULT 細川

関連する商品